スポンサード リンク

スポンサード リンク

膝裏 痛み

膝裏の痛みの原因は、すねの後ろ側にある腓腹筋外側頭の疲れが影響していると考えられています。

腓腹筋外側頭とは、ふくらぎにある筋肉のことを言います。

膝裏に痛みが起こる原因ですが、腓腹筋外側頭が疲れると 膝の曲げ伸ばしの役割をしている伸展機能の働きが弱まるので前側が痛くなります。

膝の前側が痛みだすと、その痛みを軽減させるために、 後ろ側にある腓腹筋がカバーするために、ひざの裏側が痛くなります。

膝の痛みを軽減させるためにはストレッチや筋肉トレーニングを行うことが大事です。 ストレッチや筋肉トレーニングなどを継続して行えば、筋肉が強化され、関節組織の柔軟性も改善されます。

ストレッチや筋肉トレーニングを長続きさせるためには、無理なく続けられる低めの目標設定にする必要があります。 最初から高めの目標設定をしてしまうと、出来なかったときに途中で諦めてしまうことになるので、 達成できそうな低めの目標を設定しましょう。

また、ストレッチや筋肉トレーニングを行う場合、無理なく続けられる時間帯に行うことも大事です。 忙しい時間帯に設定してしまうと長続きしないので注意して下さい。

そして、ストレッチや筋肉トレーニングを行うときは体をリラックスさせて行うと効果的ですので、 リラックスしながら行うようにしましょう。

スポンサード リンク


このページの先頭へ